エンジニア

Excelで矢印キーを押したら画面が動いてしまう時の直し方

エンジニア

〈矢印キーでセルを移動していたのに、いつのまにか画面が動いてしまうようになった!〉

こういった経験をしたことがある方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、そんな状態を簡単に戻せる直し方やなぜそのような状態になってしまうのかを解説していきます!

Excelで矢印キーを押したら画面が動いてしまう時の直し方

パソコン

Excelで矢印キーを押したらセルが移動するのではなく、画面自体が動くようになってしまった場合、

それは「スクロールロック」という状態になっています。

つまり「ScrollLock」キーが有効になっている状態のことです。

Excelのステータスバーの左下に、小さくですがScrollLockと表示されます。

これが表示されている状態の時は、矢印キーで画面が動いてしまいます。

これは、「ScrollLock」キーを押すことで元の状態に戻すことができます。

ですが、この「ScrollLock」キーが人によってはないという場合があるかと思います。

そういった場合は、Excelのステータスバーを右クリックしていただくと、一覧を表示することができます。

この一覧に表示されている「ScrollLock」がオンになっており、チェックが入っているかと思いますので、

こちらをクリックし、オフにしていただけると「ScrollLock」の状態を無効にすることができます。

ではなぜこのような状態になるのでしょうか。

なぜ「ScrollLock」が有効状態になるのか

パソコン

自分で「ScrollLock」キーを押したつもりがなくても、勝手に有効の状態になってしまうことがほとんどだと思います。

それはおそらく、ショートカットキーの押し間違えによるものだと思います。

このブログの以前の記事でもご紹介したように、ショートカットキーを覚えて上手に使うと、小さなことが積み重なり業務の効率を大幅にあげることができます。

>>【Windows】覚えておくと便利なショートカットキー [検索、エクスプローラー、ファイルを開く、更新、etc]

しかし、使い慣れたものや何度も使うものなどをたまに押し間違えた場合に、「ScrollLock」のショートカットが発動するのだと思います。

みなさんが使われているパソコンによって違いますが、以下の「Fn」キー +「何らか」のキーが「ScrollLock」を有効にするショートカットに割り当てられていることがあります。

  • 「Fn」キー +「C」キー
  • 「Fn」キー +「K」キー
  • 「Fn」キー +「S」キー

これらを間違ってしまった場合がほとんどだと思います。

特に、「Fn」キー +「C」キーや、「Fn」キー +「S」キーは、コピー保存ですので頻繁に使われる方が多いかと思います。

したがって、思わぬ形で「ScrollLock」が有効になってしまったということですね。

-エンジニア
-

© 2020 金融系エンジニアブログ Powered by AFFINGER5