エンジニア

プログラミングに関する資格はこれがおすすめ!【初心者必見】

オフィス
悩む人
プログラミングに関する資格を取りたいんだけど、種類が多くて何を取ればいいか分からないな。

こんな疑問を解決します。

本記事の内容

  • プログラミング全般に関する資格のおすすめ
  • プログラミング言語に関する資格のおすすめ

プログラミングに関する資格はIT全般に関するものや、それぞれの言語に関するものを含めてたくさんの種類があります。

ここでは、現役システムエンジニアである私が、そもそもどういった資格があるのかどの資格がおすすめなのかを、IT全般と言語それぞれについてご紹介していきます!

最後まで読むことで、自分に合った、自分が取るべき資格を見つけることができます。

プログラミング全般に関する資格のおすすめ

パソコン

まずご紹介するのは、プログラミング全般に関するおすすめの資格です。

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験

ITパスポート

ITパスポート」は、IT系の一番基礎的な内容を、幅広く含めた資格となります。

この「ITパスポート」を勉強することで、IT技術はもちろんのこと、経営やIT管理に関することなど幅広い知識を身に着けることができます。

今やどの業界にもITは密接に関係するものとなっています。

これからIT系の会社に就職する方や、プログラミングの勉強を始める方にはもちろんおすすめですが、

IT業界ではないどんな方であってもこの「ITパスポート」を勉強することは、一般教養としてもぜひおすすめの資格となります。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験」は、経済産業省が主催する国家資格である情報処理技術者試験の区分の一つです。

プログラマーやシステムエンジニアなど、IT系の会社に就職し仕事とする方向けの資格となります。

IT業界で働くために必要な基礎知識を幅広く身に着けることができ、また情報処理に必要な論理的思考力を身に着けることができます。

大手SIerなどは、まずこの「基本情報技術者試験」を取得するのが始めの目標となります。

IT業界に転職したい方や、SIerに就職する予定のある方はぜひ取得を目指してみてください。

>> 基本情報技術者ってどんな資格?就職や転職には使える?

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験」は、基本情報技術者試験と同じく、経済産業省が主催する国家資格である情報処理技術者試験の区分の一つです。

基本情報技術者試験の上位資格に値するものであり、ITに関するより深い知識が求められます。

こちらもIT業界で働くならぜひ取得を目指したい資格となっており、昇進の条件となる場合もあります。

一人のエンジニアとして、一歩上を行く人材であることを証明することができます。

基本情報技術者試験に合格することができ、エンジニアとしてもう一つ上の階段を上りたい方はぜひ取得を目指してください!

プログラミング言語に関する資格のおすすめ

パソコン

続いて、プログラミング言語に関する資格のおすすめをご紹介していきます。

  • Oracle認定Javaプログラマ
  • C言語プログラミング能力認定試験
  • PHP技術者認定試験
  • Ruby技術者認定試験
  • Pythonエンジニア認定試験

【Java】Oracle認定Javaプログラマ

Javaでおすすめの資格は「Oracle認定Javaプログラマ」です。

この「Oracle認定Javaプログラマ」はOracle社が主催する、Javaの知識と技能をレベル別に認定するベンダー試験です。

全世界で通用する共通資格であり、現在実施されているJava関連資格の中では最も人気の高い資格となります。

難易度によって三種類あり、簡単な方から「Bronze」、「Silver」、「Gold」に分類されます。

これからJavaを勉強したいという初心者の方は「Bronze」を、Java言語の基本文法や、オブジェクト指向プログラミングの理解を確かめたいエンジニアの方は「Silverを」、独力でプログラミングでき機能を実装できるレベルの方は「Gold」を、というような棲み分けです。

Java言語に興味のある方や、すでにJavaを勉強している方はぜひ自分にあったレベルの取得を目指してみてください!

【C言語】C言語プログラミング能力認定試験

C言語でおすすめの資格は「C言語プログラミング能力認定試験」です。

この「C言語プログラミング能力認定試験」はサーティファイ情報処理能力認定委員会が主催する民間資格です。

C言語でのプログラミング能力を認定するもので、簡単な方から「3級」、「2級」、「1級」の3種類に分類されます。

C言語での簡単なプログラミングを行える方は「3級」を、基本的なアルゴリズムを理解して小規模なプログラムを構築できるという方は「2級」を、C言語を使って応用プログラムを作成できるという方は「1級」を、というような棲み分けです。

C言語に興味のある方や、すでにC言語を勉強している方はぜひ自分にあったレベルの取得を目指してみてください!

【PHP】PHP技術者認定試験

PHPでおすすめの資格は「PHP技術者認定試験」です。

この「PHP技術者認定試験」は一般社団法人PHP技術者認定機構が運営する民間資格です。

難易度が簡単な方から「初級」「上級」「認定ウィザード」の3種類あります。

PHPを勉強し始めた初心者の方は「初級」、PHPを使った基本的かつ実用的なプログラミングができる方は「上級」を、上級試験に合格しさらに上を目指す方は「認定ウィザード」を、という棲み分けになります。

プログラミング言語であるPHPのプログラミング能力を証明するための唯一の資格であるため、PHPを使うエンジニアとして採用を目指す方には、実力を証明できるのでぜひおすすめの資格となります。

PHPに興味のある方や、すでにPHPを勉強している方はぜひ自分にあったレベルの取得を目指してみてください!

【Ruby】Ruby技術者認定試験

Rubyでおすすめの資格は「Ruby技術者認定試験」です。

この「Ruby技術者認定試験」は、プログラミング言語であるRubyの技術レベルを示すための基準で、Rubyを扱うエンジニアとしての能力を証明することができる資格となります。

難易度は簡単な方から「Silver」「Gold」の2種類があり、今後さらに上の「Platinum」ができる予定です。

Rubyを勉強し始めた方や、他の言語のプログラミング経験がある方は「Silver」を、「Silver」を取得しさらに深い知識を習得し実力を証明したい方は「Gold」を、という棲み分けになります。

Rubyに興味のある方や、すでにRubyを勉強している方はぜひ自分にあったレベルの取得を目指してみてください!

【Python】Pythonエンジニア認定試験

Pythonでおすすめの資格は「Pythonエンジニア認定試験」です。

この「Pythonエンジニア認定試験」は、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会という運営団体の民間資格です。

プログラミング言語であるPythonの基礎的な知識やプログラミング能力を認定する試験となります。

試験区分は「Python3エンジニア認定基礎試験」と「Python3エンジニア認定データ分析試験」の2種類あります。しかし、現在受験できるのは「Python3エンジニア認定基礎試験」のみ受験することができます。

Pythonに興味のある方や、すでにPythonを勉強している方はぜひ自分にあったレベルの取得を目指してみてください!

プログラミングの資格を取って力を証明しよう!

パソコン

いかがでしたでしょうか?

自分に合った資格を見つけることができましたか?

資格は自分の実力を客観的に証明することができ、就職や転職に十分に活用することができます。

またそれ以外にも、資格を取ることで昇進に良い影響を与えることができたり、自分に自信を持つことができたりと良いことだらけです!

もちろん簡単に取れるものではないですが、しっかり勉強してぜひ資格取得を目指して頑張りましょう!

-エンジニア
-

© 2020 金融系エンジニアブログ Powered by AFFINGER5